お薦め

安心なプラセンタは『国産プラセンタ』

プラセンタ(胎盤)の産地は、
日本、デンマーク、アメリカ、ロシアなどがあり、
原料の生物は、豚が一番多く使用されています。
そんなプラセンタドリンクの効果的な飲み方についてはこちらを参考にしてください。

市販の製品のほとんどは、豚プラセンタを使っています。
しかし、豚は病気を予防するために、
さまざまな薬剤を投与されていたり、ワクチンの接種を受けている可能性があります。
これらの成分が、プラセンタに影響を及ぼしていないとも限りません。

プラセンタ製品を選ぶ際には、厳しい衛生管理のもとに、
薬剤やワクチンの影響を受けないで飼育された豚を原料としているものがよいでしょう。

その点、日本産の豚プラセンタである「国産プラセンタ」が安心です。
国産プラセンタは、日本SPF豚協会が定めた、
悪性の病原菌をもっていない豚(SPF豚)から採取されたプラセンタのことをいいます。

このプラセンタは、SPFプラセンタともいいます。
プラセンタは生物から採取するものなので、
可能性として未知の病原体が含まれることもあると考えられます。

けれども、国産プラセンタの場合は、
その他のプラセンタより安全性が高いと考えられます。
なぜならば、SPF豚は、SPF豚農場認定委員会が認定した、
農場だけで生産されており、健康診断の結果や使用した薬剤の量などを、
日本SPF豚協会に報告する義務があります。

また、餌はSPF豚専用のものを使用することや、
作業前にシャワーを使う専用の作業着を着て行う、
農場へは部外者の立ち入りは禁止などの、
厳格な基準が設けられているからです。

プラセンタを製品に加工する際、
殺菌する工程が多かったり時間が長かったりすると、
せっかくの有効成分が壊れる可能性が高くなります。

もともとの原料が衛生的であれば、
加工の段階でそれほど殺菌処理をしなくてすみますから、
プラセンタの有効成分を多く残すことができ、
製品であるサプリメントやコスメにおいて、
有効成分の高い含有率が得られます。

つまり、国産プラセンタの安全性は、安心ということに加えて、
製品の高い品質に関連しているのです。
プラセンタの種類別の特徴はこちらをご覧ください。