お薦め

酵素分解法による高い品質

哺乳類の胎盤(プラセンタ)から抽出したエキスを、プラセンタエキスといいます。

プラセンタエキスにはさまざまな抽出方法があり、
それぞれの方法によって品質が異なってきます。

プラセンタは、にわとりの卵が完全食品であるように、
赤ちゃんの成育に必要なあらゆる成分が含まれおり、
それが美容や健康に高い効果を発揮します。

エキスを抽出する際も、これらの有効成分をできるだけ多く残すことが大切です。
プラセンタの有効成分を壊さないように抽出する方法としては、
「酵素分解法」・「分子分画法」・「凍結酵素抽出法」があります。
どれもコストが高い方法ですが、品質の高い製品をつくるためには、
必須の工程になります。

「分子分画法」・「凍結酵素抽出法」は特にコストが高く、
必然的に製品の価格も高くなってしまいます。
ですので、有効成分の抽出率が高く、
しかもコストが比較的低い酵素分解法がよいと思われます。

酵素分解法は、低温処理した胎盤の組織の細胞を、
酵素反応で分解して、有効成分を抽出する方法です。
体の中で行われている消化反応に似た工程を、
酵素を使用することによって、人工的に再現しようとする方法なのです。
また、酵素分解法は、特定の物質のみを種類ごとに分解するというすぐれた特長があります。

多くのプラセンタエキスが加水分解法によって抽出されていますが、
この方法は、抽出する過程でプラセンタの有効成分が損なわれやすいといえます。

酵素分解法は、加水分解法と工程が似ていますが、
加水分解法と比べると圧力や温度の変化が少なく、
抽出成分にストレスがかかる度合いが少ないので、成分の損失が少なくすみます。

つまり、有効成分を多く残した高濃度のエキスをつくることができるのです。
これにより、エキスのなかに原料であるプラセンタと同じように、
非常に多くのミネラル・酵素・アミノ酸などを抽出することができます。
ですので、酵素分解法で抽出した製品は、非常に品質が高いものになります
また、プラセンタの使用期間についても参考にご覧ください。